カテゴリ:できごと( 113 )

テレビ再発

先日画面が青くなったあと無事回復したテレビだが、その後また青くなってしまった。
正確に言うと「青く」なったというか、「赤が青に見える」ようになったのだ。
では青はどう見えるかというと「黄色」だ。
人の顔、つまり肌色は「青紫」だ。
どういう規則性に基づいているのかよくわからない。

F1を見たらフェラーリが青くて、ザウバーが黄色だ。
脳内変換が全くついていかず、早々に見るのをあきらめた。自分がいかに色に頼ってF1を見ていたかがよくわかる。
今回はもう青い箇所が移動することもなく、回復の兆しは全く見られないテレビ。たぶんもうずっとこのままだろう。いいかげんテレビを買い換えるべきかもしれない。
もし自分に子供が生まれたらこのテレビばっかり見せておいて、外に出したらどういう反応をするか見てみたい気もするが。
[PR]
by okabetti_s | 2005-08-31 12:00 | できごと

笑いのツボ

友達の子ども(9ヶ月)に会った。

ちょうど「イナイイナイバー」がヒットする年頃だったので、皆でやっては笑わせていた。
でも、別に人じゃなくてもいいらしい。


いないいない(携帯電話を提示)

ばー!(ぱかっ)


ってやれば笑うのだ。

e0084294_1736996.jpg

あはははは
(写真はイメージです)


携帯が開いたことで笑える人がこの世に存在するとは!
折りたたみ携帯が登場したときの感動を私たちも忘れてはいけないと思った。
[PR]
by okabetti_s | 2005-08-30 11:27 | できごと

バースデーケーキの怪

友達とイタリアンレストランに行ったとき、突然照明が暗くなり、隣のテーブルに花火の刺さったケーキが運ばれてきた。

お客様の中に誕生日の人がいたらサービス、というのはよくあることだ。
しかしよく見たら私たちの所以外の全てのテーブルにケーキが運ばれているのだ。
数の違いというのは日常の何気ない光景をミステリーに変える。
なんだ今日は、「今日が誕生日の人の会」か何かか。

しかし店員はおろかケーキをもらった人たちも、「おめでとう!」でもハッピーバースデーを歌うでもなく、「わあ」「おお」という小さい歓声が聞こえてくるだけ。
まもなく照明は明るくなり、何事もなかったかのように元に戻った。

暗くなる→ケーキ+花火という流れにもかかわらずイベント感ゼロの空気。
「今日が誕生日の人同士でお互いの誕生日を静かに祝う会」
なのだろうか。
世の中には不思議なことがあるものですね。
[PR]
by okabetti_s | 2005-08-28 20:32 | できごと