石狩より帰還

エレキコミックには結局ギリギリに行ったら入れなくて、隙間からのぞいて見た。

無事終了し、帰ってきました。

週間天気予報では晴れ続きの間に金土だけが雲もついてないバリバリの雨マークだったわけですが、金曜に少し降っただけだった。日差しがきつくなかったので過ごしやすかった。

今年印象に残ったことは以下の通り。

○ 今年はやたらと子連れが多かった気がする。
初期のライジング参加組が結婚、出産し、子どもが参加可能な年齢になったってことだろうか?奥田民生も言うとおり「テントの中で何してる?」ですね。
ベビーカーに乗ってた子どもも多かったから、砂ぼこりが少なくて何より。

○ UA×菊地成孔のときステージから割と近い場所で女子二人が休むことなく喋っていたが、その喋っている内容というのが「カラオケで歌うのは修二と彰」「山Pが好き」とかいう話だったこと。
5m前方でUAが歌っているシチュエーションで声を張り上げて喋る内容なのか。面白かったけど。

○ 女子が別グループの男子につられての拳を振り上げ声を張り上げるのは大層かわいらしいが、一回やるごとに「こんなことやってはじけちゃってる私たち」を確認するために3人で顔を見合わせて笑うのを目の前でやられると少々じゃまくさいこと。
まあこっちが移動すればいい話です。

○ サンステージ横に出る次の出演者紹介の文字が「next airtist」になっていたこと。
「ん、なんか長い」と思ってよく見たら一文字多い。エアーティスト。
道路に書いてある交通標示とか、看板とか、大きなものにはたまに堂々とした誤植がありますが。どのくらい気づいた人いたんだろう?

○ 吉井和哉を遠くから見て、あんな顔だったっけーとか思っているところに「あの人加藤鷹に似てるよね」と言われて、加藤鷹の顔だってうろ覚えだというのに結びつきだけが強烈に形成されてしまったこと。
私の中では同じ箱に入ってしまいました。これから加藤鷹を見れば「吉井和哉ってこんな顔なんだなあ」と思うし吉井和哉を見れば(ry

そんな感じです。

こんなことばっかり気になっていつも音楽だけに集中できない自分もどうなのかと思う。でもまあ、これもフェスの楽しみです。
[PR]
by okabetti_s | 2006-08-20 10:22 | できごと


<< 再試合!? エゾロック >>