古本屋にて

古本屋の文庫本の棚に、店員が書いた作家の紹介コメントが貼られていた。

貫井徳郎「身長181センチ」
「へー」とは思うが作品とはまったく無関係。

村上春樹「恐妻家」
そう言われてみればそうかもしれないが、なんかひねくれてるな。

横溝正史「ちょっと高い」
って何かと思ったら本の値段だ。

本を手に取らせる気ゼロなあたりが、古本屋らしいといえば古本屋らしい。


[PR]
by okabetti_s | 2005-11-09 19:02 | できごと


<< でもどこにいるんだろう、腰痛一郎 なによ系って >>