しかしなぜピアニカ

が結局眠れず、久しぶりにエンタを通して見ている。やっぱり字幕邪魔。
カプセルホテルに泊まったとき、アンガールズの田中に言い寄られて(15万円のハンドメイドのピアニカを私へのプレゼントに注文しているところを偶然目撃して)山根のほうがよかったなあ、どうやったらそう言う方向に持って行けるかなあと真剣に考えている夢を見た。その記憶を抱えつつ見るアンガールズだが、微妙に前とは違う見方で見ている自分が嫌だ。

人の夢の話ほどつまらないものはないとわかってはいるのだが、疲れのせいか抑制きかず。
[PR]
by okabetti_s | 2005-09-10 22:57 | できごと


<< 寝室の刺客 貧乏旅行から帰宅 >>